乗り捨てをお得に使うための料金比較の方法

乗り捨てをお得に使うための料金比較の方法

レンタカーの乗り捨てを頻繁に利用するようになったのは各社の設定している料金に違いがあると気づいたからでした。
比較をしてみるとお得に利用できる使い方を見出すことができて、少し工夫をしながら利用しています。

乗り捨て料金の驚くべき価格設定

レンタカーは基本的には借りたところに返すものだと考えていましたが、乗り捨てもできると知って少し調べてみました。
そのときの印象は高いということでした。
確かに人件費とガソリン代を考えると、レンタカー会社としては乗り捨てをされると痛手になるため、料金も高くせざるを得ないと納得したのです。
しかし、そこで諦めずに比較してみて気づいたのが会社によって料金設定がまるで異なるという事実でした。
その中でも驚いたのが、全国的に利用できる大手の会社の中でも二社は使い方によっては乗り捨て料金が無料になっていたことです。
これをうまく活用すればレンタカーがより利用しやすくなるのではないかと考えて、工夫をして利用するようになりました。

旅行で利用するときの一工夫

旅行で利用することが多いのがレンタカーですが、そのときに一工夫をして楽しみを増やすことが可能です。
旅行に行って帰ってきたときに同じ店舗に返さなければならないわけではありません。
一定の距離内の店舗か同一都道府県内の店舗であれば無料というのが、大手二社での乗り捨てサービスです。
私がよく行っているのは、まずは自宅に荷物を持ち帰った後で、二駅隣りの大きな駅の近くにある店舗に返却する方法です。
そこで旅行帰りの疲れを癒やすように一杯飲んで帰るという楽しみを増やしています。
車を運転していると飲めないのが嫌だったのですが、旅行が終えて帰ってきた暁には最後の一杯が楽しめるというのが最近の旅行の魅力になっているのです。

近くへの引っ越しのときにもかなり有効

引っ越しのときにも役に立ったのが乗り捨て無料のシステムです。
隣の県への引っ越しでしたが、電車賃だけでも一人あたり三千円少々かかり、四人家族で電車で行くだけでも一万円以上かかる状況がありました。
レンタカーを借りて行けば良いという発想にたどり着いたのはそのときです。
引っ越し荷物は二回に分けて運びましたが、その度に家族も乘せて自分以外を引っ越し先に連れて行きました。
そして、返却は隣の県から最も近いもともと住んでいた県内の店舗に返したのです。
そこから新しい自宅までは電車賃が300円程度だったのでかなりお得な引っ越しを実現できました。
県内であればこの工夫も不要だったでしょうが、隣県であっても乗り捨て無料の効果は大きいのです。

乗り捨て利用は網羅的な比較が大切

乗り捨て利用は網羅的な比較が大切

レンタカーで乗り捨てを利用したときに料金の比較の仕方で失敗したことがあります。
使い慣れている友人に指摘されて会社選びを間違ったことに気づいたのですが、それからは網羅的な比較をすることで同じ失敗を回避できるようになりました。

乗り捨てをするときの失敗例

乗り捨てで車を借りようとしたのは友人と旅行に行くときのことでした。
旅行関係のことは全て任せられてしまったので、現地まで行って返却しようと決めて予約を取ることにしました。
そのときが乗り捨てを初めて利用するときだったこともあり、その料金が高いという印象を受けたのが事実です。
そのため、比較をしたときには各レンタカー会社での乗り捨て料金を見て決めてしまいました。
それだけでもかなりの料金の差があったので、安い会社を選び出せたと満足顔で友人に話をしたのです。
しかし、友人は借りた先について不満を持っていたらしく、それは最安の借り方ではなかったと指摘されてしまいました。
比較の仕方が誤っていたのです。

乗り捨て料金以外の比較も大切

乗り捨てのレンタカーに乗るのが初めてだったのでうっかり見落としたのが時間料金でした。
乗り捨て料金が高いという印象を受けたために、時間料金も加味して比較するのを忘れてしまったのです。
その場で友人がスマホを取り出して検索してみたところ、別の会社に比べて5000円近く高くなってしまっていることがわかりました。
よくあるミスだからと友人は笑ってせっかく比較をして安いレンタカーを借りられたと喜んでいたのでかなり落ち込んでしまったのです。
また、カーナビとETCが標準だったのですが、スマホでカーナビ代わりにしてしまい、二人ともETCを持っていなかったので高速料金も現金払いで不要だったのも無駄に費用を高くしてしまった点でした。

車種の考慮も大切な長距離の乗り捨て

最終的に友人が導き出した結論はこうでした。
別のレンタカー会社を利用して、カーナビとETCはオプションになっているところを選ぶことで安くした上で、車をワングレード上にするというものです。
乗り捨て料金は車のグレードによる変化がないようなので、通常料金が上がるだけになります。
その燃費を考えてみるとワングレード上げても費用面でほとんど違いはなく、馬力があるから運転しやすい分だけ高速道路の運転に有利だっただろうという話でした。
納得のできる説明だったのですが、それなら自分で予約してくれれば良かったのにと思ったのも事実です。
ただ、この一件のお陰でレンタカー比較について詳しくなり、同じミスを繰り返さなくなりました。